fc2ブログ
  イベント・コンサート  夏合宿セミナー  その他セミナー  お知らせ・ニュース  おたより  コンクール  その他  楽譜コーナー  音楽センターグレードテスト&オーディション  風のアンサンブルだより発行  
【top】

2011/07/05  お知らせ・ニュース 

「ペルシャの市場にて」の曲集が完成!

     ペルシャの市場にて_表紙    ペルシャの市場にて_見開き


夏合宿セミナーをカワギリにVITAマンスリーコンサート「アコーディオンとブラス 風のアンサンブル」に演奏する「ペルシャの市場にて」の合奏譜ができました。初級、中級、上級の各レベルそれぞれに参加できる編曲で、その分パート数が多くなっているのが特徴です。

・Aグループ(初心者~初級レベル) 4パート
・Bグループ(中級レベル)     5パート
・Sグループ(中・上級)      3パート
他に大太鼓、小太鼓、シンバル、各種パーカッション、ピアノ、コントラバス、ティンパニなどです。

この曲は久しく小学校の必修鑑賞曲となっていて(今は?)、懐かしく思い出される方も多いことと思います。
正確には幻想描写曲「ペルシャの市場にて」といって、

<らくだの隊商が近づくシーン> らくだの足音が響く
<乞食たちの合唱のシーン> 乞食たち(ペルシャ=イランの貧しい市民階級)が「金をくれ!」「金をくれ!」と叫ぶ。隊商は「どけ、どけ」と乞食たちを蹴散らす。
<王女様の登場のシーン> 世界で最も美しいメロディの一つといわれている
<賑やかな市場のシーン> 奇術師や蛇使いが群衆の中で芸を披露したり、そこに太守様が通りかかったりしてひとしきり賑わう市場だが、そのうち王女が立ち去り、隊商が旅立ちと、あたりは次第に静けさを取り戻していく。
最後に隊商のラクダの足音が遠ざかって……「ジャン!」と一発、全合奏のフォルテで幕を閉じる。


とまあ大筋の流れはこういうこと。
とにかく目の前の光景が手に取るようにわかる曲。弾き手も自分のキャラクタが非常に明確で表現し易い。
大合奏向きの曲です。

アコーディオンを習っている人、弾いている人、ブラスの楽器が出来る人、どなたでも参加できます。みんなでステージにたってみませんか。子どもの参加もOKです(鈴、タンブリン、リコーダーなど年齢に見合った参加ができます)。
近々に参加要項を発表。もうしばらくお待ち下さい。

上記スコア(パート譜付/68頁A版コピー製本)頒価2200円
 *夏合宿セミナー参加者とVITAマンスリーコンサート出演希望者には1800円で頒布します。

スポンサーサイト



2011/07/05  夏合宿セミナー 

夏合宿セミナーをそれぞれのウェブサイトで紹介していただいてます。

夏合宿セミナー を今まで参加された受講者の皆さんそれぞれの ウェブサイトで紹介 していただいてます。それをちょっと紹介しましょう。

◇茨城県ひたちなか市の内田賢一さんのサイト:「みとに うたごえ喫茶があったら」

◆長野県松本市安曇の中尾和正さんのサイト:「アコーディオン修行 KAZU」

◇羽根木アコーディオンクラスの林美樹さんのサイト:「檜原|アコーディオン ポンデローサ」

◆稲城アコーディオンサークルのサイト:「アコーディオン夏合宿 in 檜原村」

【top】
アコーディオン夏合宿セミナー     

アフィリエイト ネットキャッシング