fc2ブログ
  イベント・コンサート  夏合宿セミナー  その他セミナー  お知らせ・ニュース  おたより  コンクール  その他  楽譜コーナー  音楽センターグレードテスト&オーディション  風のアンサンブルだより発行  
【top】

2007/05/31  夏合宿セミナー 

講師の松村さんから夏合宿セミナーに向けてメッセージを頂きました

松村有子夏合宿では、セミナーに参加しながら、初級講師もさせて頂く予定です。
普段はレッスン以外で交流できる機会は少ないですが、檜原村の自然を味わいながら有意義な時間を過ごせるよう、今から心待ちにしています。

SAC 松村 有子

スポンサーサイト



2007/05/23  夏合宿セミナー 

夏合宿セミナーの参加対象者について

サイト行進もとい、ようやく更新しました!
読んで頂けましたでしょうか?

申し込みフォームなんて微妙に力作ですよ~。頑張った自分!!
…誰かここから申し込んでくれたらいいなぁ…誰も使ってくれなかったら淋しいなぁ…
…せめて自分だけでも申し込みフォームから送ってみようっと


それにしても夏合宿セミナーの要項が出てきたので、ようやくサイト全体の内容がつながったかなと思います。ご不明な点やご質問はお気軽にしてくださいね!そういった不明点なども、サイトの内容に加えていければと思ってます


さて、この夏合宿セミナーの参加対象者ですが、
講師陣のレッスン教室の生徒さんたちはもちろんのこと、

★アコーディオンをこの機会に始めてみたい方(楽器貸し出しありマス!)
★普段レッスンには通っていないが、一度先生にご指導頂きたいですって方
★普段別の先生に習っているけど、違う先生の指導も受けてみたいな~という方
★コンクールに向けてあの曲を仕上げてやるわ~!って方
★とにかくアコーディオン漬けの日々を送るぜー!って方
★アコーディオンの仲間を増やしたいぞーって方
★山でのーんびりしたい方
★夏休みの思い出作りにって方
★あの先生のファンなんですーって方

・・・etc


もOKですよ!(あれ?言いすぎました?)
ま、要はやる気があればいいってことですね

特にこの機会にアコーディオンを始めてみたいって方はとてもいいセミナーなのではないでしょうか?
アコーディオン教室で行なっているような通常の体験講座に比べて、長時間集中して取り組めるので帰る頃には数曲弾けるくらいになって達成感もあるでしょうし、アコーディオンの諸先輩方から色々な情報を聞きだせると思いますし(楽器購入についてのアドバイスとか諸々)、講師陣・生徒さん方々の演奏を聴けて勉強になりますので、とても充実した内容になるのではないかなと思います

ということで長くなりましたが、たくさんのご応募おまちしておりまーす

赤アコーディオン はやま@サイト管理人

2007/05/14  夏合宿セミナー 

デイヴィッド・ファーマーさんからメッセージが届きました。

I am delighted to have be invited to perform at this years Hinohara Summer Seminar.
I am looking forward to meeting everyone and to being part of this special event.
Yoroshiku onegai itashimasu. 
DAVID FARMER

今年、開催される「アコーディオン夏合宿セミナーin檜原村」にお誘い戴き、大変嬉しく思います。参加者の皆さんにお会いでき、そしてこのスペシャルイベントにお役に立てることをとても楽しみにしています。
Yoroshiku onegai itashimasu。
デイヴィッド・ファーマー

デイヴィッド・ファーマー

2007/05/09  夏合宿セミナー 

初っ!!檜原村。

GW真っ只中行ってきました        

私の住んでる場所からは五日市街道で一直線
渋滞にイライラさせられながらも無事到着したと思いきやっ
現地で会えるはずの先生方が・・・・・・

まだ来ておらず 私、一人で詮索させてもらいました

初めての檜原村はお天気良く、すごく静かでビックリ
おじさんや、おばさんも私の突然の訪問にも関わらず、とても親切で
あったかかったぁ
手作りのおまんじゅう(おいしすぎて、他は食べられません!)や、
かきな(おひたし)も出してくださり、普段の生活を忘れ、
のんびりしちゃいました

その後、ぷらぷらとセミナーで使わせていただく、数馬小学校を
見に行ったり、近くを散歩してみたりしました
先生方にもようやく会えて楽しい時間を過ごしてきました
行くだけで心が和んじゃう自然いっぱいの場所でした

セミナーがとても楽しみです

三多摩:まつむら

2007/05/05  夏合宿セミナー 

檜原村小学校数馬分校

春のでっかい連休の真ん中、5月3日に「アコーディオン・夏合宿セミナーin檜原村」でお世話になる数馬分校記念館の下見で、講師・事務局関係者4人が檜原村に向かったんじゃ。

25度を超える夏の温度にまで上った暑い日じゃったが(渋滞のピーク日)、新宿~八王子間渋滞30kmの高速道路を横目に一般道で道選び、3時間以上かけて桧原村についた頃にゃ、新緑まばゆい別天地。済んだ青空と爽やかな風、何とも穏やかな一日じゃったよ。

数馬分校はアチラ風のカワユイ、村人たちの「お城」なんじゃ。数馬分校と調査の虞錫安先生、羽山さん(宣伝部長)

平成11年に廃校となった数馬分校、記念館となったいまも昔を懐かしむ客がちらほら訪れるとか。お宿から10分歩きゃ「お城」につくが、ここが夏合宿の稽古場となるんじゃよ。

その昔、ダルマ和尚が読み書き教える寺子屋を建てたのが始まりなそうで、多いときにゃ71人いたが、閉める時にゃわずか7人。

いま、この記念館を守る松丸先生は、ここ最後の教師となった穏和で優しそうなお仁よ。セミナーでは毎日つめてお世話して下さるとのありがたきお言葉。案内してくださった校舎の一階奥には小さな教室があり、ピアノと石油ストーブが当時のままなんじゃと。ピアノのある教室
無邪気な子どもたちの元気な歌声が聞こえてきそうな、なんともロマンチックな部屋じゃったことよ。(実踏参加者;虞錫安、川口裕志、松村有子、羽山菜穂)

 民宿「大平」から数馬分校に向かう途中にも滝が
民宿「大平」から数馬分校に向かう途中にも滝が

檜原仙人

2007/05/04  夏合宿セミナー 

第2回 夏合宿下見会

5/3、川口先生・虞先生・松村さん・私の4人で第2回の下見会。

晴れました~~~

が世田谷から八王子を抜けるまでに2時間かかる大渋滞。
GW初日、こんなに晴れているのだからしょうがないですね~

八王子I.C.を出たすぐのところにある道の駅「八王子滝山」で休憩。
michinoeki.jpg
ここからは渋滞もほとんどなく1時間ほどで民宿大平さんに着きました。

絶品の手作りよもぎまんじゅうや、かき菜、じゃがいも、どれも取れたてで美味しかった~
(左から虞先生、松村さん、川口先生、大平のおじいちゃん)
20070504212808.jpg

大平のおじいちゃんおばあちゃんも相変わらずお元気です!
20070504213109.jpg


その後合宿で使わせて頂く旧数馬分校(現記念館)を見学。
20070504213132.jpg
まだ使われているような雰囲気ですよね。
(詳しい様子はサイト内「施設写真案内」で紹介してますのでそちらをご覧ください!)

檜原村は新緑がもりもりしてました。もりもり。
20070504213122.jpg
マイナスイオンが漂ってますね~

最後に先生のツーショット。
sensei.jpg


ところで私、今回初めて虞(グ)先生にお会いしたのですが・・・

おもしろい方ですね~ (* ´∀`)ノシ

車の中でも話が弾みました
(帰りは疲れてぐうぐう寝てしまいましたが…)
ぐぅ!(すみませんシャレですっ)

やっぱり何回来てもいいところですね~檜原村

赤アコーディオン はやま@サイト管理人

2007/05/01  夏合宿セミナー 

23年前に行った村

稲城アコーディオンサークルの小口です。

9ヵ月の菜緒と3才の健太郎、6才の美緒を連れて檜原村の合宿にサークルに入ったばかりの新人として参加したのは、遙か彼方の23年前です。菜緒は数馬分校の気持ちのよい白木の床の体育館で合奏するメンバーの膝を、小さな手でつかまえながら伝い歩きをしてごきげんでした。食物アレルギーがありましたが、大平荘で作ってくれるは安心して食べられるものばかりでした。お茶まで自家製とは驚いたものです。健太郎と美緒は川口先生や他のメンバーの、自分たちより大きい子どもたちと川や山や上の家(大平荘の別宅?)で、目を輝かせて遊びまわっていました。8月でも川の水はしびれるほど冷たく、檜の樹林から吹き渡る風は胸の奥まで入って来て体を浄化してくれるようでした。アコーディオンも本来の呼吸ができたのではないかと思いました。おいしいご飯やおやつが待っていると思うと、練習もがんばれたようです。夜は漆黒の闇という得難い体験に、子どもたちも大人も空を覆い尽くすような星々に息を呑んだものです。

穏やかでよく働いて、ニコニコしているおじさんとおばさんでしたが、おじさんはシベリア抑留の体験者で、言葉では語り尽くせない苦労をした方だと、漏れ聞きました。おばさんのご苦労もしのばれます。大変な苦労をあふれる優しさにつなげて、私たちの心地よい日々を支えてくださいました。

1つ、檜原村で注意しなければいけないことは、花火です。キャンプファイヤーのときに川口先生がまるで子どもに戻り(もちろん同調するメンバーがいました)、危ない花火を喜々として次々に打ち上げていくのです。子どもたちは花火にも、子どもに戻った大人にも大喜びでしたが、キャンプファイヤーから少し離れると真っ暗なので、逃げるときの足下にご注意を!今回のセミナーの荷物に花火が入っていなければ必要のない注意ですが…

【top】
アコーディオン夏合宿セミナー     

アフィリエイト ネットキャッシング